やっと、津軽三味線

今日は、ひさしぶりの津軽三味線のお稽古日。

なんと、2か月ぶりです、、、。

大阪の舞台中も、三味線は持って行っていましたが、
触ったのは、結局 2,3回。

なかなか意識がそこまで回らないのが実情であり、イケない
ところでもあります。

東京に戻ってからは、自主連していましたが、完全に、三味筋と
私が呼んでいる、三味線を弾くための筋肉が落ちてしまっているため、
特に撥を持つ、右手が動かなくって、、、ぼちぼち、鍛えていました。

それに、楽譜のない津軽三味線は、曲を忘れるんです、、、、。
新節を弾いていたら、いつのまにか、よされ節の前奏になっていたり
して、けっこう、大変な混乱状態でした。

そして、意を決して、本日、稽古に。

新しく取り組んでいた、三下がりはやめて、おさらい中心に。

先生と一緒に弾かせていただいて、消音装置を付けづに思いっきり
弾いて、かなり気持ちよかった~。

ひとりでの稽古も大切だけど、たまには思いっきりレベルの高い方と
演奏することって、いいですね。
なんだか、突き抜けるような感じがして。

今日は、うまくごまかせたけど、次回はちゃんと稽古しなくっちゃ。

化けの皮も、一度まで???

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック