津軽三味線、弾いてきました!

30日は、中野サンプラザで「民謡民舞東京交流大会」
に出演させていただきました。

私は、津軽三味線・澤田流社中50人のなかの一人で、
津軽じょんから節(旧節・新節)を演奏してきました。

50人の合奏、初めてでした。

朝5時半に起きて、8時に会場入りし、衣装に着替えます。

名取の黒留を着た、澤田愛紀音さんと。

画像


なんとか姉妹みたい???

11時半の本番に備えるべく、家元のもと、
音合わせや、爪弾きで音チェックなどをして、、、。

画像


旧節は、前奏のみ。

家元のソロと、山歌がはいり、、、。

新節、となります。

新節は、タカタカタンタン タカタカタンタン が二回繰り返し
(三味線関係者の方はわかるはず、、)と、最後が
ジャーン ジャンカジャンジャン ジャンジャカジャン
ジャンジャカジャンジャン

となりました。

旧節は、太鼓や歌がなかったのですが、その分
タラタラの繰り返しが長かったり、なかなか弾き応え
がありました。

感想は、、、

みんな、うまいな~!

でした。

ならってもうすぐ3年の私ですが、なかなか
奥が深い、三味線の世界でした。


50人合奏なので、家元がマイクで掛け声。

必死で聞き分けました!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック