へんちくりんな一日

今日は、母の五七日の法要があり、朝からお坊さんが
来て、お経を唱えてくださいました。

で、いつものことなんですが、父親が一緒に、
そのお経を唱えるんです。

もう、以前から、母も兄も私もいやっがっていたんですが、
やめない、、、。
仕方ないから、家族みんなであきらめていたんです。

なぜ、父がお経を唱えるとみんないやがるのか、、、。

それは、あまりにひどい声だから。

訓練してないうえに、めっちゃ汚いだみ声、、、、。

恥ずかしいからやめてよって、、、、。


そして今日。

いつもに増して、父親の声があまりにも汚く、
背中丸めて、首を前に突き出してブツブツ
やってくれて、、、。

あまりの最悪なサウンドに、私は歯ぎしりを
始め、方耳を押さえる始末、、、。

もう、母が浮かばれないと思うぐらいのひどさ
でした。


お坊さんが帰られてから、そのことについて、
父と話し合い。

「声が出なかった」
という父にたいして、私は
「訓練もしないで、ただやればいいってもんじゃない。
こんなひどい音、きいていたら頭おかしくなる。」

って言って、私は自分の部屋に戻りました。


それから、久しぶりに三味線の稽古に行きました。

全然練習もできていないし、今月もお休みしようか、
なんて思っていたのですが、先生に導かれて、
思い切り弾いたら、何だか楽しかった。

いって良かったです。


で、帰宅後、父とも和解しなきゃなあ、と思い、
「ティガー見に来る?」
と、父を私の部屋に招きました。

で、ティガーと父が遊ぼうとすると、、、、、

抱きかかえたのはいいんですが、50センチほどの
高さから、ちょっと暴れたティガーを落としたんです!!!

もう、今まで聞いたことない声でキャンキャン鳴くティガー。

前足、骨折したと思いました。

なんといっても、去年の10月に生まれたばかりの、生後3か月
も経っていない赤ちゃん犬。

それに、トイプードルは、脱臼や骨折しやすいと教わって
いたから、めちゃくちゃ心配しました、、、、。

乳母日傘の犬ですから。

ちょっと鳴いて、ティガーはまた、歩き出したからホッと
しましたが、、、、。

 
もう、いろいろたいへんです。

その上、ティガーは、今日は、自分のうん●を食べてくれました、、、。
やられた、、、、、。

画像


こんなカワイイ顔してるくせに、、、。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック